FC2ブログ
以前、ひまわり(築港)で占いをしておりました池見立世です。

急にお店が無くなりまして驚かれた事と思います。

しかし、野多目の自宅で引き続きしております。

私にはお客様のデータが無いため、今までのお客様にご迷惑をおかけしました事を、

心よりお詫び致します。



またご縁が有れば、お会いできると信じております。

お目に掛かるを楽しみにお待ちしております。

池見立世

【連絡先】

蓮の花

住所:南区野多目5丁目

電話:080-3949-5711



☆管理人より☆

質問・疑問等ございましたら、ご遠慮なくコメント欄にお書きください。

鍵付きコメントにしていただければ、表示されることもございません。

気が付かずに返事が遅れた場合はごめんなさい><。

☆予約について☆

上記の先生直通の電話にて、日程の調整をされて下さい。
時間の都合さえ合えば、柔軟に対応して下さると思います。

お代については、予約の際に確認されてください。
(法外な値段ではありませんので、安心して確認されてください。)


その他疑問点等は、コメント欄にどうぞ。
人のめぐりあわせとは不思議なものですね。

先般、娘たちが私の80歳の祝いに宮崎旅行をプレゼントしてくれました。

二泊三日の旅です。

宮崎に行くからには、宮崎神宮に50年ぶりにお参りいたしました。

宮崎に行くからにはご挨拶せねばなりませんから、良きタクシーの運転手さんに恵まれ
謂れや伝説など、よく説明してくださいました。

とても楽しいひと時でした。

これも縁ですね。

ホテルもあの有名なシェラトンホテルに泊まり、良き料理を食し、和太鼓やフラダンスなどを見て
娘三人と楽しい時間を過ごしました。

またという日は、二度とありません。

縁によって娘と過ごした時を大切にまだまだ仕事に励み生きていかなければと、
つくづくと思いました。

人の年は決めるものではないと思います。

見かけは老いても年齢は若かったり、

また反対に若く見えても年を取っていたりと決まりは無いのです。

その人の心がけでしょうか。

年を取ったなと思えば、その年相応になっていくでしょう。

また、まだまだ年には負けないぞと思えば、見かけは若々しくなるでしょう。

年を取れば、意外と声が年を取ります。

常日頃から若い声を保っていれば、意外と若々しく見えるものです。

私は、今年80歳になりますが、誰も私の年齢を当てる人はいません。

幸なることに親からもらった声が若々しいからだと思います。

感謝しています。

これからも年を忘れて(実は私は25歳で年を忘れているのです。)元気に晴れやかに
生きていこうと思っています。

お客様たちは、まだまだ頑張れますよと励ましてくださいます。
文庫本です。

それも時代小説。

20台の頃は山本周五郎の本をよく読んでました。

周五郎の本は、廃版になった以外は全部集めました。

よく読み返します。

義理人情、思いやり、苦しいときの対処、とてもとても参考になります。

江戸時代の人のなりたち、付き合い、過ごし方、町民と武士との違い、時代は変われど
日本人の心根は何も変わっていないと思います。

人に厚く、自分に厳しく、義理人情を通し、定めを受け入れせっせと過ごしていく・・・。

なかなかできる事ではないのに、人の世に従い、自分の身の置き所を見つけ一生を送る

私はとても魅せられます。

私も現代を生きていますが、我が身にそった自分の生きざまを見つけていきたいと思う
この頃です。
※5月に書いていただいていた記事です。
アップできておりませんでした。
申し訳ありませんでした。



私は、夏バテ防止に梅干しとラッキョウを毎日それぞれ一個ずつ食します。

私の元気の元は、これだと思っています。

私の嫁ぎ先の庭に立派な梅の木があり、毎年綺麗な実を付けます。

今はこの実で娘が梅干しを作ってくれます。

ラッキョウは私がつけます。

このラッキョウの皮むきが大変です。4キロ漬けます。

明日の天気を見ながら皮むきをします。皮をむいて綺麗に洗い、塩漬けにして

一晩おき、翌日天日干しにするのです。

そうするとラッキョウは歯ごたえのあるシャキシャキとカリカリの食感が得られるのです。

甘酢につけ一ヶ月半ほどすると甘く歯ごたえのあるラッキョウとなるのです。

もう何十年となく繰り返してきた私の生活の一部です。

昨日、私の知人が皮むきを夜遅くまで手伝ってくれました。

大変助かりました。

天気は晴れのち曇りとありましたが、幸いな事に午後三時までは、
お天気が良かったです。

心置きなくラッキョウ漬けが出来ました。

今年も一年おいしいラッキョウが食べられます。

お天気と相談しながら、自然の中で生活できるのは非常に大切なことだなと
つくづく思いました。

感謝の限りです。

 | BLOG TOP |  NEXT»»